こんにちは、
化粧品のポータルサイト『コスメニスト』の編集長をやらせていただいている、河端です。

誰に頼まれているわけでもないのに、サッカーのブラジルワールドカップ、テニスのウィンブルドンとテレビ観戦続きで、そろそろお肌もヤバイことになりつつある今日この頃です…(苦笑)。

ところで今回は、コスメニスト編集部の強力な制作アシスタントとして活躍中のフレッシュなメンバーをふたり、ご紹介したいと思います!

弊社には新卒社員だけでなく、さまざまなキャリアを積んだ人たちが入社してきます。
特定の業界で活躍してきたベテランのスキルと、若い感性をドッキングさせたイイとこ取り!な組み合わせで仕事をするパターンがいちばん多いのです。

で、当然わたしのようなベテラン(と自分で言うのもなんですが…汗)は、彼女たちのようなプリップリの女子がタッグを組むことになるわけです。
写真向かって左が安田さん、右が加藤さん。
ふたりとも、まだ(・・)、20代前半!という若さです(いいなあ~)。

安田加藤1

美容大好きなふたりに共通しているのは、弊社が運営している美容専門の求人サイト(美容師やヘアメイクなど美容関係の仕事を探しているヒトは必ずチェックする、というメジャーな『美プロ』)を見ていて、全研本社を知ることになったこと。
そしてわたしたちの事業部が人材を求めていることを知り、今日があるわけです。

こうしてコスメニスト編集部の仲間となってくれた安田さんと加藤さん。
まだまだ知らないことや勉強しなくちゃいけないことも多く、勉強会やミーティング、ときには(恐怖の?)【IT用語テスト】を受けるなど、毎日がんばってお仕事してくれています。

安田加藤2

なんだか真剣な眼差しですね(笑)。
では、せっかくなので “ナマ”の声をお届けしましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Q.コスメニストのお仕事、どんなときに楽しいと思う?

安田さん 安田さん
最新コスメ情報がいち早く知れることや試せることはもちろん楽しくておもしろいです。
でもいちばんおもしろいと感じることはサイトがどんどん成長していっていると感じられる時です。
コスメニストの仕事をするようになってから10カ月程経つのですが、最初はとにかく覚えるだけでいっぱいいっぱいでした。ですが徐々に「ここどう思う?」など私の意見を求められることも増えてきて、自分もサイト作りに携わっているんだなー、という実感が湧いてくるようになりました」

加藤さん 加藤さん
自分が使ったことのないコスメのレポートを見るのが楽しくて楽しくて(笑)。コスメニストのユーザーの気持ちがよくわかる気がします。私は毎朝6時ごろには起きてスキンケアやメイクをきっちりするほど、コスメが大好きなので。次に何を買えばいいかな~と思っているときなど、体験レポートはとても参考になりますね!」

cosmenist2

Q.コスメニストの仕事をしていて、難しいなと感じることは?

安田さん 安田さん
「私はコスメニストのレポーターさんたちとメールのやり取りをすることが多いのですが、じつはあまり文章を書くのが得意ではないので、メール文を書くのも簡単ではないんだな…ということをよく思います。いろいろなタイプのレポーターさんがいるので、それぞれの方にしっかり伝えるのは、難しいな…とその都度感じます。まだまだ修行中です(苦笑)

加藤さん 加藤さん
「学校でもメイクやコスメの小冊子を制作したりしていたので、結構文章を書くのは得意だと思っていたんです。でも実際にコスメニストのコンテンツ作りで、キーワードをピックアップして原稿を書いてみると、なかなか難しくて。『書きたいことを書くのではなく、伝えたいことを書くように』と教えてもらって…ユーザーにとってわかりやすい文章を書けるように心がけているのですが、まだ上手に書けない部分があるので、もっと勉強しつつ努力していきたいです!!」

長期レポート

Q.これからコスメニストをどのようなサイトにしていきたい?

安田さん 安田さん
「今まであまり自分から企画や提案などができずにいたので、その辺も含めて自分の業務を広げていきたいと思います。レポーター、レポートの数を今よりもっと増やして化粧品のサイトといえば『コスメニスト』と言ってもらえるようにしていきたいです。化粧品売り場でコスメニストのレポートが店頭POPとして飾られ、それを参考にそのコスメを買っているヒトがいる!というシーンが早く見たいです!」

加藤さん 加藤さん
「自分が好きなコスメを集めて、おススメのポイントをご紹介したり…セレクトショップを作ってみたり…♪私はとにかくコスメのことが大好きなので、いつまでもずーっとコスメニストに関わっていきたいです^^。
コスメニストという媒体を知らない方もまだいっぱいいらっしゃるので、もっと世の中に浸透させるお手伝いをするっ!そしてコスメにあまり興味のない方でも、見ているうちにコスメが買いたくなるような、楽しんで見ていただけるようなサイトにしていきたいです」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

…と真面目に答えてくれたあとは、なぜか最後は“シャッキーーーーィン”なポーズで決めてくれたふたりだったのでした(笑)。

安田加藤4

というわけで(?)、コスメニスト編集部の初々しい仲良しコンビが盛り上げていくコスメニスト、公式Facebookなども公開中なので、ポチっと「いいね!」をしてくださいね。
以上、コスメニスト編集部の河端でした!

●コスメニスト フェイスブック公式ページ●
https://www.facebook.com/cosmenist?ref_type=bookmark