代表メッセージ

To Investors -CEO Message-

代表メッセージ

時代の潮流を捉えた事業展開で、
自社と社会の持続的な
成長・発展を目指す

はじめに、この度の世界的な新型コロナウイルス感染症の影響により被害にあわれた皆様に、心よりお見舞い申し上げるとともに、一日も早いご快復をお祈り申し上げます。またこのような未曾有の脅威に日夜最前線で立ち向かわれている皆様へ、心から感謝と敬意を申し上げます。

全研本社株式会社は、創業46年目にあたる2021年6月16日、東京証券取引所マザーズ市場に新規上場いたしました。これもひとえに皆様のご支援の賜物と心より御礼申し上げます。

1975年、当社創業者の吉澤信男は、戦後のモノがない時代から高度経済成長期にかけ、衣食住の環境が整いつつあるなかで、「この国の経済を発展させる次の鍵は、次世代の子供たちの教育である」と予見し、「生涯教育文化事業」を推進する当社の前身企業を創立いたしました。以来当社は、常に時代の潮流を見据えた事業展開を推し進めて参りました。

現在、当社グループは、当社、連結子会社2社、非連結子会社4社の計7社で構成されており、IT、語学、不動産を事業セグメントとしております。このITセグメントでは、コンテンツマーケティング事業、メディア事業、AI事業を展開しており、語学セグメントでは、法人向け語学研修事業、英会話スクール事業、留学斡旋事業、日本語教育事業を展開しております。

我が国においては昨今、少子高齢化が進み生産年齢人口は年々減少傾向にある一方で、2020年には日本で働く外国人労働者の数が過去最高の172万人を突破いたしました。新型コロナウイルス感染症拡大防止対策等の影響により、2020年の在留外国人数においては8年ぶりに減少したことが話題となりましたが、新型コロナウイルスが収束に向かえば入国制限が解かれ、政府主導による外国人労働者の積極的な受け入れが再び推進されることを予想しております。
この大きな社会的潮流を受け当社グループは、今後の日本においてますますグローバル・インバウンド(日本国内における国際化)が進み、「働く」「学ぶ」という市場ニーズが高まるものと捉えております。
また、新型コロナウイルス感染症の影響により、企業活動や働き方が一斉にオフラインからオンラインに切り替わることで、ITソリューションや、それを実現させるIT人材の重要性の高まりを、より一層感じております。

このような市場環境の変化を背景に、当社グループが持つ「IT」「語学」という2つの事業の強みを活かした事業展開を力強く推進して参ります。そして「そこにない未来を創る」という理念を体現し続け、自社と社会の持続的な成長・発展に貢献すべく尽力いたします。

皆様におかれましては、今後ともご支援ご鞭撻を賜りたく、心よりお願い申し上げます。

全研本社株式会社
代表取締役社長

林 順之亮

関連ページ

1234567890ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZabcdefghijklmnopqrstuvwxyz.,?!'“”-―:´/`;/‘’&